HOME > 事業紹介 > 土木
土木
 
 
京浜急行堀之内駅工事横浜市立金沢動物公園横浜市営地下鉄駒林工区圏央道宮山工区中央自動車道底沢橋耐震工事
 

最新の技術を駆使し、メンテナンスが容易で寿命の長い生活関連インフラを構築する。馬淵建設は、常にトータルコストの抑制を考えて工事に取り組んでいます。

 
道路、上下水道、鉄道、治山、治水等の土木事業は人々の生活に密着し、日本の社会や産業の発展のためになくてはならないものです。馬淵建設はこの土木事業の分野においても、創業以来積極的に取組み、国土と社会の発展に大きく貢献してきました。
馬淵建設の土木部門では、「東名高速道路門沢橋工事」、「首都圏中央連絡自動車道東金ジャンクション工事」、あるいは横浜市営地下鉄3号線三ツ沢町や中川町の工区の施工など、主要な交通基幹の整備事業やシールド工法、大口径推進工法などを用いた下水道幹線整備事業などを数多く施工し、人が住みやすい社会づくりのための環境整備にも積極的に取組んでおります。
 

テクノロジーの進歩とスキルアップが連動することで生まれるノウハウ。

テクノロジーの進歩とスキルアップが連動することで生まれるノウハウ。

土木工事の世界は、その技術の進歩が著しく、なかでもトンネル工事の測量、地盤の調査・計測技術などは日進月歩精度を高めています。
馬淵建設はそのような技術発展に対応するため、優良中堅建設業者の組織である社団法人日本建設業経営協会へ加入。
1989年に建設技術の総合研究を目的に開発された同協会の中央技術研究所において、ハードだけでなく、ソフトの面からも建築・土木技術の向上に努めています。
また、技術が進歩すればするほど、その高度で複雑な技術を駆使するための有能な技術者が必要とされます。
 
そのため、馬淵建設では、「優れた技術者が、健全な国土の開発を可能にする」との信念のもと、社内技術者のスキルアップに努め、レベルの高い技術者の育成を目指した教育システムを整え、日々研鑚に励んでいます。
 

未来をしっかりと見つめ、更に社会の発展に貢献できる企業を目指して。

馬淵建設の土木部門はこれまで蓄積してきた技術を更に向上させ、国土の発展と人々の快適な生活の実現のために、これからも土木事業に積極的に取組んでいきます。

未来をしっかりと見つめ、更に社会の発展に貢献できる企業を目指して。

 

土木事業の施工実績

高品質を求められる社会資本。
馬淵建設では、長年にわたり蓄積された技術力により、良質の社会資本構築に寄与しております。

土木事業の施工実績へ

土木事業の施工実績

 

事業紹介TOPへ

 
ページTOPへ