HOME > 会社情報 > 沿革

会社情報

 

沿革

 
明治42年 8月 神奈川県横須賀市に馬淵組創業
大正 9年 1月 横須賀市内で最初の鉄骨工事着工(海軍工廠造機部の改築)
大正11年 12月 合資会社馬淵組設立(資本金20万円)
昭和12年 5月 東洋一の水上飛行艇格納庫建設(現在、横浜市金沢区)
昭和14年 10月 馬淵鉄工株式会社設立
(昭和36年6月 関東鉄工株式会社に社名変更)
昭和24年 1月 東京支店、横浜支店を開設
昭和24年 2月 馬淵建設株式会社設立(資本金50万円)
昭和24年 6月 合資会社馬淵組を吸収合併(資本金200万円)
昭和24年 10月 建設業法による業者登録 建設大臣(イ)第343号
昭和25年 9月 馬淵運輸株式会社設立
昭和26年 3月 財団法人馬淵聾唖学校、学校法人馬淵ろう学校となる
昭和26年 10月 日本初ジョイントベンチャー方式による工事を受注
(米海軍上瀬谷通信隊新設工事:現在、横浜市瀬谷区)
昭和28年 3月 馬淵ろう学校を横須賀市に寄付
昭和30年 6月 馬淵運輸と東和興業の合併により、東和運輸倉庫株式会社発足
昭和31年 1月 日本初のカーブ橋を手掛ける(小田原市根府川にある白糸橋)
昭和31年 3月 建築士法による一級建築士事務所登録
神奈川県知事登録19号
昭和35年 6月 日本初の基礎工事工法「回転式大型強度ペデスタル式」を採用
(神奈川マツダ本社社屋工事)
昭和35年 10月 創業50周年記念式典挙行
昭和36年 8月 資本金1億円に増資
昭和38年 6月 沼津出張所を営業所に昇格(平成7年6月静岡支店に昇格)
名古屋出張所を営業所に昇格
昭和38年 8月 千葉出張所を開設(昭和44年4月 千葉営業所に昇格)
昭和43年 5月 資本金2億円に増資
昭和46年 7月 横浜市南区花之木町(現在地)に横浜支店ビル落成
昭和47年 1月 本社を横浜市に移転 旧本社を横須賀本店と名称変更
昭和52年 12月 関東鉄工株式会社と合併 資本金4億円に増資
平成4年 4月 資本金5億円に増資
平成4年 12月 東和運輸倉庫株式会社と合併
資本金5億6800万円に増資
平成5年 10月 資本金7億円に増資
平成6年 1月 私募債10億円を発行
平成6年  8月 物流事業本部を横須賀市日の出町に設置
平成8年 6月 株式会社ファミリーと合併
資本金1,258,049,833円に増資
平成10年 6月 静岡支店を中部支店に名称変更
平成11年 4月 湘南台サービスステーションを開設
平成11年 7月 ISO9001認証取得
本社:管理本部、建設事業本部
横須賀本店、横浜支店、東京支店、東京土木支店
(システム管理室、企画開発事業部、中部支店、大阪支店、リニューアル事業部、プロジェクト営業推進部、技術開発課を除く)
平成12年 2月 大東商事株式会社と合併
平成12年  7月 通称名として「Mzec(エムゼック)」を採用
平成13年 2月 第2回私募債(10億円)を発行
平成13年 5月 東京支店を東京都中央区に移転
平成16年 7月 ISO14001認証取得
本社:経営企画部、管理本部、建設事業本部
横須賀本店、横浜支店
(東京支店、東京土木支店、中部支店、営業一部、建築工事四部、建築工事五部、建築工事作業所、土木工事二部、土木工事二部作業所を除く)
平成17年 7月 ISO14001拡大認証取得
本社:管理本部、建設事業本部
横須賀本店、横浜支店、東京支店、東京土木支店
(中部支店、工事五部を除く)
平成18年 7月 ISO9001拡大認証取得
本社:管理本部、建設事業本部
横須賀本店、横浜支店、東京支店、東京土木支店
(企画開発事業部、中部支店、工事五部を除く)
平成20年 7月 100周年記念事業として、ミクロネシア連邦ザビエル高校改修工事を実施
平成23年 1月 ISO9001拡大認証取得
本社:建設事業本部
横須賀本店、横浜支店、東京支店、中部支店
平成23年 6月 ISO14001拡大認証取得
本社:建設事業本部
横須賀本店、横浜支店、東京支店、中部支店
平成24年 2月 川崎営業所を開設
平成24年 6月 東北営業所を開設
平成26年 3月 横浜型地域貢献企業認定取得
平成26年 10月 横浜市との共同事業方式により太陽光発電事業開始
 

会社情報TOPへ

 
ページTOPへ